ロフォフォラ ・ アルベルト ・ ヴォイテフィー

DSC_4610LOPHOPHORA alberto-vojtechii KSM 0762

チェコのサボテン研究家ヴォイテフ ミシャーク(Vojtěch Myšák)氏の名前を冠し、2008年に記載された新しい種類のロフォフォラです。
直径1~2㎝程度で開花するらしく、一番小型なロフォフォラだと言われています。
種子購入後、蒔きましたが、とても丈夫な種類の様で大きなトラブルも無く成長しています。
保存用に何本か接ぎ木しましたが、あまり、球体が大きくなることなく、1㎝程度の子供が均一にポコポコと生まれてきています。

この新種のロフォフォラですが、種名をなんと読むのか分かりませんでした、Vojtechiと書いてなんと読むのか?
しばらくボジュテッキーだと思っていたのですが、丁度、チェコの人と会うことがあったので聞いてみたのですが、ヴォイテフィーと読むらしいです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中