種まき後、188日で開花

アルベルト ヴォイテフィー接木苗ですが、本日開花してくれました。
昨年の12月20日に種をまきましたが、188日にして開花です。DSC_4696
LOPHOPHORA alberto-vojtechii KSM 0762

ロフォフォラ最小種と言われる本種ですが、確かに2cm程度の小さな株で開花してくれました。

キリンウチワとロフォフォラは非常に相性が良いようです。
接木しても失敗は少ないですし、接木後、直ぐに成長してくれます。

ネオキレニア、ワインガルチアといった南米小型球も、ロフォフォラの様に行けばよいのですが、なかなかそうは行きません。

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ

にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ

にほんブログ村

サボテン ブログランキングへ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中